最新情報

サービス・施設案内 2015年7月15日 14:03

テニスコートから

201507151.jpg
 梅雨明け宣言が気にかかる頃となりましたが 京都御苑のテニスコートでは、青空の下ラケットに弾かれるボールの快音が響いています。
 年間を通じてご予約いただいている人気コートですが、夏期は常連の大学生の試験や休暇のためコートに空きができています。

201507152.jpg

 平日午後3時からは、端コートの空きもあり、1時間のご利用も可能です。もうすぐ夏休み、子供さんと一緒にテニスを楽しんでみませんか。

 また、お盆の時期など、帰省される友人やご家族と利用なさってはいかがでしょうか。
 ベンチは緑の木蔭の中にあり、さわやかな風が吹いています。

201507157.jpg 201507158.jpg 201507159.jpg

 暑さに疲れたら、隣接する富小路休憩所をご利用ください。

 冷たいメニュー他、取り揃えてお待ちしております。

201507156.jpg

 他府県から御苑でプレーしてみたいとお申し込み下さることもありますが、京都御苑でテニスができることに驚く方もまだまだいらっしゃいます。

 1年のうちで一番コートをとりやすい時期になりましたので、窓口まで是非お問合せください。


    国民公園協会京都御苑 TEL 075-211-6364 

 

  

京都御苑の見どころ 2015年7月 2日 10:08

謎の昆虫?

20150616I (3).JPG
  梅雨の晴れ間に、葉裏で休んでいたこちらの昆虫。何の仲間だと思われますか?黒白まだらの翅はチョウのようにも見え、胴体の様子はハチのようでもあります。
 実はそのどちらでもなく、「カノコガ」という「ガ」の仲間です。025.JPG

 カノコガの名は「鹿の子蛾」、すなわち翅の鹿の子模様に由来します。白く見える部分は鱗粉がなく、半透明で向こう側が透けて見えます。よく見るとなかなか美しいデザインです。
 一方腹部の「黒に黄色」はいわゆる警告色で、ハチへの擬態と考えられます。ガである以上人を刺す心配はありませんが、この色の組み合わせが視界に入るとドキッとします。生きものは皆、本能的に感じるところがあるのかもしれません。20150616I (26).JPG
 こちらは鏡にとまったカノコガ…ではありません。交尾中のペアに出会いました。胴体の太い方がメス、細い方がオスです。
 良く見ると細い草の先端に、左右に重力を分散させるようにつかまっています。一匹だけなら間違いなく、重さで下へと傾いてしまうでしょう。見事なバランス感覚に驚きました。

20150616I (61).JPG

 上からも撮影しましたが、これまた面白い眺めでした。自然の造形美です。
 ガの多くが夜行性、かつ地味な外見のイメージですがカノコガは昼行性です。明るい昼間に活動するからこそ、このようなインパクトある色・模様が意味を持つのでしょう。
 目立つ見た目に加え、飛び方はゆっくりなので比較的見つけやすい昆虫です。9月頃まで観察できます。

 

サービス・施設案内 2015年6月13日 10:25

富小路休憩所新メニューはじめます

foodpic6164088.jpg

foodpic6164085.jpg

 富小路休憩所で日替わり定食の「から揚げ定食」と「揚げ魚の御所風マリネ定食」をはじめます。

から揚げは、衣がサクサクでカリッとしており、中はジュワっと肉汁が溢れます。中までしっかりと味がついているのでご飯がすすむ一品となっています。

揚げ魚の御所風マリネは、優しいお酢の風味と魚の美味しさ、それに野菜のしゃきしゃきとした食感が楽しい、彩り鮮やかな食欲をそそる一品です。

定食のご飯を+50円で、本日のかやくご飯にすることが出来ます。

(前日までにご予約を頂いた方に限り、無料で本日のかやくご飯へ変更致します。)

また、定食とお飲物を注文される場合、ドリンクを250円で提供させて頂きます。

是非ご賞味下さい。

 

◎から揚げ定食 700円

◎揚げ魚の御所風マリネ定食 700円

開催予定のイベント 2015年6月13日 10:17

京都御苑みどころ案内、夏の自然教室のお知らせ

20150606 (9).jpg

        京都御苑みどころ案内

*日  時:平成27年6月20(土)  
           7月4日(土) 7月18日(土) 
      13
:30~14:30
*集合場所:閑院宮邸跡展示室
*参 加 費 :無料
      京都御苑の歴史と自然を案内します。




      夏の自然教室「夏の京都御苑にふれよう」

*日  時:平成27年7月26(日) 
                 9:30
~12:00 
      小雨決行。当日7時時点で気象庁が大雨警報・暴風警報を発
      令している場合は中止。

*集合場所:京都御苑 石薬師御門前(上京区京都御苑内北東)
*受付時間:9:00~9:20
*参 加 費 :保険料100円
*そ の 他 :筆記用具、観察中の天候変化に備え雨具をご持参下さい。
      手持ちのルーペ、双眼鏡、図鑑などの観察用具があると便
      利です。

 

 

発行物 2015年6月13日 09:18

京都御苑ニュース

natu30.jpg御苑ニュース夏号を発行致しました。

      

 ちょっと変わった夏の花を愛でてみよう 片山 雅男
 大本山清浄華院 松田 道観
 夏に歩く 谷 幸樹
 京都ぎょえん大好き! 木村 舞樹

  

      

 

    

 

 

季節の花 2015年6月12日 15:50

梅雨の花

20150612k 49.JPG

 梅雨入りし、しとしとと降り注ぐ雨に色とりどりのアジサイなどの花が鮮やかさをまして苑内を彩っています。乾御門東にあるタイサンボクの花は直径が20cmほどもあります。上向けにつけたお椀形の大輪の白い花や、分厚くて光沢のある大きな葉は迫力があります。また花からは甘い芳香がします。蕾もあるので、花や香りがまだ楽しめそうです。

20150610k 20.JPG

 拾翠亭入口にあるボダイジュの花です。こちらの花はタイサンボクと比べると本当に小さいですが、面白い花の付き方をしています。葉っぱのように見えるヘラ状の苞(ほう)と呼ばれる部分から垂れ下がって淡黄色の小花が無数に咲いています。ボダイジュは、中国原産で 寺院などによく植えられています。釈迦が悟りを開いたとされるボダイジュはクワ科のインドボダイジュという別物になります。中国や日本では生育が敵さないためシナノキ科のボダイジュを葉が似ていることからインドボダイジュに見たてたとされています。

20150612k 36.JPG

20150612k 23.JPG

 閑院宮邸跡庭園のガクアジサイです。青紫系のものと白色系が植栽されています。品種改良によって、さまざまな色の花がつくりだされ、セイヨウアジサイも本種からつくられた園芸品種です。雨粒で濡れた大きな葉や花々が引き立って、思わず 足が止まり見入ってしまいます。

京都御苑の見どころ 2015年5月23日 15:43

花の後には

オオシマザクラ.JPG

 苑内いっぱいに広がる緑が目に爽やかな季節です。3月、4月と春の開花ラッシュでしたが、花が終わった現在はどんな様子でしょうか?
閑院宮邸跡東門前のオオシマザクラには、丸く艶やかな実が出来ていました。おいしそうに赤く熟した実は、野鳥たちの格好の食事になります。

シモクレン.JPG 

 中立売御門東、シモクレンの若い実です。花は上を向いて咲く特徴がありますが、実も同様上向きにつきます。表面は細長いうろこ状、高さ5㎝程に成長していました。葉と同色なので一見きづきにくいですが、近づくとその数と大きさにはっと驚くことでしょう。508I (23)オガタマ.JPG 

 3月に清楚な花を咲かせていたオガタマノキです。シモクレンと同じモクレン科、実のでき方は似ています。現在2㎝程で、ぶどうの房をさかさにしたような形です。
今は目立ちませんが、やがて独特の姿に変貌します。実際落ちた実を置いておくと、多くの方から「これは何ですか?」と尋ねられます。
一体どんな変化が起きるのか?興味を持たれましたら是非、成熟までの過程を観察しにお越しください。宗像神社西側塀の傍、手に届く距離でご覧いただけます。

 

         043.JPG
       
                  
京都御苑自然教室 第2回室内学習会
                 「京都御苑~自然の魅力たっぷり~」

*日  時:平成27年5月9(土) 
      開場 13:00
      13
:30~16:00頃
*集合場所:閑院宮邸跡レクチャーホール
*参 加 費 :無料 お申し込み不要、当日直接会場へお越しください。
      



 

        京都御苑みどころ案内

*日  時:平成27年5月2(土)  5月16(土)
      13
:30~14:30
*集合場所:閑院宮邸跡展示室
*参 加 費 :無料
      京都御苑の歴史と自然を案内します。




      新緑のトンボ池一般公開

*日  時:平成27年5月22(金)~24日(日) 
                 9:30
~15:00  
      

*場  所:富小路口から北東へ徒歩5分
*入 場 料 :無料 当日現地にて受付

      
 



      

開催報告・レポート 2015年4月22日 16:48

春の自然教室

020.JPG

 4月19日に開催した京都御苑春の自然教室では、春に見られる草花やキノコ、昆虫や鳥などを講師の話を聞きながら観察をしました。あいにくの小雨が降る天候ではありましたが、56名の方に参加いただきました。

 集合場所の閑院宮邸跡を出発し、野鳥はクスノキの巨木のウロを出入りするムクドリ、気持ちよさそうにさえずるシジュウカラの声など、キノコは雨のおかげでぷっくりとふくらんだキクラゲやツバキキンカクチャワンタケ、立派なアミガサタケも観察することができました。

066.JPG
( 写真:アミガサタケ )

 
 植物はカンサイタンポポやオオイヌノフグリ、カラスノエンドウなど足元に咲く草花。鮮やかな黄色いタンポポの花が残念なことに雨で閉じてしまっていましたが、どうして晴れの日に開き、雨の日に閉じているかの解説をして下さり、雨の日ならではの観察が楽しめました。


20150419T (28).JPG

 ミツバチが出入りするエノキの巨木を前に、昆虫の写真を交えた解説。


 

「京都御苑自然教室」は春夏秋冬、一年に4回開催しています。詳細は京都御苑ニュース、苑内ポスター、ホームページ等で随時お知らせしています。初めての方もどうぞお気軽に参加下さい。

 

 

 

京都御苑の見どころ 2015年4月 5日 15:05

花だより4

20150402I オオシマ(18).JPG

 4月になりました。サクラのシーズン真っ只中です。苑内に約1000本植栽されているヤマザクラや、大きく白い花弁が特徴のオオシマザクラなど、続々見ごろを迎えています。

車返桜045.JPG

 京都御所西でひときわ人を集めている桜が「車返桜」です。その昔、後水尾天皇が外出された際、あまりの美しさに御車を返され観賞された事からこの名がついたとされています。

車返桜017.JPG

 そんな謂れを知る知らないにかかわらず、今でも多くの人々の心を魅了しているようです。この日は京都御所一般公開2日目でしたが、四ツ目垣を超え地面に着かんばかりに咲く花々は、参観に向かう人々を度々振り返らせていました。

近衞紅155.JPG

 

 近衞邸跡では先に開花したイトザクラ(シダレザクラ)が散り始めましたが、バトンを渡すように紅のイトザクラが開花、見ごろを迎えました。

出水の小川ではサトザクラが咲き始めています。サクラひとつを取っても日々の変化が楽しめます。
 是非何度でも足をお運びください。
 

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Tweets by gyoen_sports