最新情報

楠公レストハウス 2015年7月21日 10:30

本日 21日(火)の日替わりメニューのご案内

本日の日替わりメニューは、

” 豚バラ角煮 炙り焼き ” です。

小鉢は、” 契約農家野菜のピーナッツ和え ” 

” 蓮根の挟み揚げ 玉子餡かけ  ” なっております。

150721.JPG

ランチには、一汁三菜 (お味噌汁、主菜1品、小鉢 2品)に、ご飯と

香の物、ドリンクバーがついて、お得なセットとなっております。


皆様のお越しをお待ちしております。


 

150930_01.png

 

 千代田区CES協議会では、毎年、CO2の削減の普及を目的に、「美味しいエコ・レシピ」コンテストを開催しています。国民公園協会皇居外苑では、低炭素社会を目指し、これら協議会に全面的に協力、「江戸・エコ行楽重」の開発でもお馴染みの、安部料理長がコンテスト審査員として参加しています。

 

150930_02.png

 

150930_03.png

 

 第3回となる今年は、「江戸野菜」をテーマに、「大根」「人参」「小松菜」を使ったレシピを考案して頂きます。千代田区に在住、在勤、在学、来訪している方で、我こそはと思われる方は、ふるってご参加ください。

あなたのアイディアお待ちしています。

 

開催日程   平成27年10月11日(日)10:30~14:00

会場     東京家政学院大学 千代田三番町キャンパス

        (千代田区三番町22)

詳しい応募概要はこちら → http://chiyoda-ces.jp/class1/lunch-eco/entry/

 

 

皇居について 2015年7月20日 12:39

高台に位置する半蔵門のご紹介

20150721-1.jpg

 関東地方の梅雨明けが発表されてから、早3日。本日東京は最高気温が35度まで上がり、今年初の猛暑日となりました。

 写真は楠公レストハウスから出発し、祝田橋、桜田門を通り坂を登ったところで撮影した一枚です。美しく広大な桜田濠に、目を奪われました。

 

20150721-2.jpg

 桜田濠を西へ進むと、遠方に半蔵門が見えてきます。半蔵門は皇居を取り巻く8つの外郭門の中で最も高台(標高32.5m)に位置する門です。江戸時代は戦略上、本丸の背面を守る城防備の搦手(城の裏門)としての役割を担っていました。

 

 

20150721-3.jpg

 内掘通り界隈の喧騒とは対照的な、静寂な雰囲気を醸し出す半蔵門。両側の小土手には高さを揃えた背の低いクロマツが植えられており、後方の皇居の森へと繋がっています。

 江戸城の偉大な遺構を残す皇居・皇居外苑は、緑に恵まれ、夏の散策に嬉しい木陰もたくさんあります。暑さ対策を万全に、江戸時代から現代へと続く、多くの史跡や遺構を尋ねてみてはいかがでしょうか?

 

皇居外苑の見どころ 2015年7月17日 09:07

北の丸公園でセミ達が鳴き始めました

20150717-1.JPG

 梅雨明けを前に蒸し蒸しとした暑い日が続いていますが、皆様体調など崩されていませんか?

 都心部にありながらも緑豊かな北の丸公園では、セミ達の元気な鳴き声があちこちから聞こえてきています。写真はおなじみ、茶色の羽に黒っぽいからだが特徴のアブラゼミ。

 

20150717-2.JPG

 セミの抜け殻もいたるところで見られます。よく観察してみると、背中から白い糸のようなものが・・。実はこれ、気管の内側の表面なのです。そんなところまで脱いでしまうとは、驚きですね。

 

20150717-3.jpg

 アブラゼミよりも少し遅れて鳴き始めるのはミンミンゼミ。透明の羽に、淡い緑色のからだが特徴です。

 

20150717-4.JPG

 コナラの木には、泥をかぶった大きさ約2センチほどの小さなニイニイゼミの抜け殻も見られました。

 セミの種類は、7月下旬頃にはヒグラシ、8月中旬頃にはツクツクボウシと増え、園内はますます賑やかになっていきます。

 

20150717-5.jpg

 園内北側、武道館近くにあるザ・フォレスト北の丸は一休みには最適なお洒落なカフェ。皇居の北側にあたる緑豊かな北の丸公園で、適度な休憩を挟みながら昆虫・抜け殻観察をされてみてはいかがでしょうか?

 

 

皇居について 2015年7月 8日 10:36

東御苑汐見坂(しおみざか)のご紹介

20150708-1.jpg

 今回は、皇居東御苑中央あたりに位置する「汐見坂」をご紹介します。

 

 

20150708-2.jpg

 本丸と二の丸をつなぐこの坂は、一見なだらかに見えますが、実はかなり急なのです。一気に上ると息が切れてしまいそうなのでゆっくり進みます。

 

 

 

 

 

20150708-4.jpg

 本丸と二の丸の高低さは約10メートル。汐見坂門(しおみざかもん)のあった場所までくると、白鳥濠を見下ろすことができますよ。

 

201500708-5.jpg

 「遠くなり 近くなるみ(鳴海)の浜千鳥 鳴く音に汐の 満干をぞ知る」という詩も歌われている汐見坂。

 その昔、今の新橋から皇居前広場の近くまで日比谷入り江が入り込み、この坂から海を眺めることができたそうです。現在はビル群と木々が広がっていますが、当時の人々が見たであろう景色を想像しながら坂を上るのも楽しいかもれませんね。

 

東御苑は月・金曜がお休みです。公開時間等は時期によって異なりますので詳細はこちらでご確認ください)

⇒ http://www.kunaicho.go.jp/event/higashigyoen/higashigyoen.html

 

皇居について 2015年7月 6日 14:13

皇居前広場と坂下門のご紹介

20150706-1.jpg

 すっきりしないお天気が続いている梅雨時ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 二重橋が見える皇居前広場は、本日もたくさんのお客様がお見えになっています。

 

20150706-2.jpg

 二重橋正面向かって右手に進むと見えてくるのは、開放感のある広々とした広場とクロマツが並ぶ緑の島。その後ろには日比谷・丸の内のビルが立ち並び、皇居前広場ならではの景観をお楽しみ頂けます。

 

20150706-3.jpg

 さらに濠沿いを北へ進んで行き、左手に見えてくる湟地(二重橋濠)を通り過ぎると・・・・

 

 

20150706-4.jpg

 蛤濠(はまぐりぼり)に突き当たる手前に、重厚な構えの坂下門が現れます。

 ご存知の方も多いと思いますが、幕末1862年(文久2年)老中安藤正信が6人の浪士に襲撃された「坂下門外の変」はこの門前で起こりました。

 明治になり、橋や高麗門は撤去され、奥にあった渡り櫓門の向きを90度変えて現在の場所に移築されたのだそうです。 坂下門は、かつては江戸城西の丸の通用門でしたが、現在は特別公開以外は非公開です。

 門幅が広く、石垣も美しい坂下門。二重橋にお寄りの際は是非ご覧ください。

 

 

 

 

皇居について 2015年7月 2日 10:53

二の丸庭園でサルスベリが咲き始めました

20150702-3.jpg

 皇居東御苑の二の丸庭園は、江戸時代には将軍の別邸や世継ぎの御殿があった場所です。こちらの庭園は昭和43年皇居東御苑の開園にあたり、九代将軍家重時代の庭園絵図を元に復元されました。

 

20150702-4.jpg

 現在二の丸庭園では、以前ご紹介したハナショウブの時期が終わり、本格的な夏の訪れを前にピンク色のサルスベリが咲き始めています。

 

20150702-5.jpg

 「百日紅」の漢字からもわかるように、サルスベリは花期が長く、7月から9月頃まで見られます。原産国である中国から日本に渡来したのは江戸時代。当時の人々もこの花を見て、季節の移り変わりを感じていたのでしょうか?

 

20150617-1.jpg

 皇居外苑「楠公レストハウス」では、循環型社会であった江戸時代をお手本に、当時の料理書を参考にして再現したメニューをお客様に提供しています。

 今なお色あせない江戸の美味しい食文化も是非お楽しみください。

お知らせ 2015年7月 2日 09:08

自分歩きマップ・自然歩きマップのご紹介

 20150702-2.jpg

 散策マップとして新たに、皇居外苑・東御苑・北の丸公園の代表的な歴史遺構をご紹介する「自分歩きマップ」と、四季折々の風情と動植物をご紹介する「自然歩きマップ」を発行致しました。

 散策の際には是非、歴史・自然のガイドとしてご利用ください。

 

 「自分歩きマップ」と「自然歩きマップ」は画面左の「発行物」から閲覧・印刷する事ができます。

 

「自分歩きマップ」はこちら  http://fng.or.jp/koukyo/issue/pdf/jibunmap_j.pdf

 

「自然歩きマップ」はこちら  http://fng.or.jp/koukyo/issue/pdf/shizenmap_j.pdf

20150630-1.jpg

 北の丸公園の「ザ・フォレスト北の丸」脇で、オレンジ色が鮮やかなヒメヒオウギズイセンが咲き始めました。

 南アフリカ原産、フランスで交配された園芸品種です。

 

20150630-2.jpg

 花は下向きに咲いて、控えめな印象。

 

20150630-3.jpg

 ヒメヒオウギズイセンのすぐ側ではヤブミョウガも咲き始めています。8月から9月にかけて、公園西側では群生がご覧頂けますのでお楽しみに!

 

 

季節の花 2015年6月29日 11:34

楠公レストハウス前でモッコクが見頃です

20150629-1.jpg

 以前ご紹介した楠正成(くすのきまさしげ)像周辺を散策していると、どこからか甘いお菓子の様な香りが漂ってきました。

 

20150629-2.jpg

 香りの正体を突き止めようと周囲を見渡すと・・・

 

20150629-3.jpg

 半透明の花弁に、ぱっと明るい黄色のおしべが可愛らしいモッコクの花を見つけました。枝先にいくつもの花がまとまって、下向きに付く事が特徴です。

 

20150629-4.jpg

 楠正成像をご覧になった後は、是非周辺の木々も観察してみてくださいね。初夏の花の香りを存分にお楽しみ頂けるはずです。

 

 

 

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ